ホーム>周辺スポット

 

 

東石の漁師の埠頭

   東石の漁師の埠頭は「風」、「日光」、「魚」、「船」、「海洋」と「灯台」などの元素で計画を立てて、多重の海洋の姿を現して、再び漁師の埠頭のイメージとオランダの特色の入るイメージを作ります。東石の漁師の埠頭は新鮮な漁業産品と夕日の美しい景色などの資源で観光して売ることとすることを望んで、港区の景観、文化の特色、レジャーで娯楽と休息をとっておよび自然生態の資源など、特有なテーマのイメージを製造して、1つのテーマの特色を備える観光する拠点を建造しだして、繁栄の地方の経済。現在の東石の漁師の埠頭、主体の施設が海洋の文化会館、特産物館、店の街を含んで、海亭、浮き橋の市場、海岸を見てプラットフォームなどを漫歩して、そして元からある漁港の機能を結び付けて、多元化のサービスを提供します。 歩いて東石の漁師の埠頭に入りますすぐオランダの風車をまねることが見えることができます;夕日の林蔭の土手の言って散歩する外は更に林立するke日覆いを観覧することができます;埠頭区が魚を捕る網を引っ張ることがいます、ke殻、漂流する木などは芸術を設置して、沿海の独特な風習の人民の実情(心情)が現れます;水の砂浜にキスして沙戯水を積み上げることができて、親子が一緒に楽しむことに適します;芝の生えている土を薄く四角に切ったもの広場は自転車に凧揚げをしますかます乗って、ゆったりしていて心地良い時間を享受します;そびえ立って景観台の上でゆっくりと海風に向かって、有名な東石の夕日を鑑賞して、海天が1色で立派なものが多くて見きれません。 一回の東の石で行って人のふとうで魚をとって 浦里の風格を感じて 朴子の谷川のかわぐちの夕べの美しい景色を楽しんで 付近まだたくさんの食堂があって しかしおいしい食べ物海の珍味食物大きなに楽しむ,もっとみずからきて観光して魚をとって市場へ享受して、比価の楽しみ競り売りをすることができる,適合して一家大きさがまたは仲間へ同時にぶらぶら歩く。

故宮博物院南部院区

   国立故宮博物院南部院区-アジア芸術文化博物館(こくりつこきゅうはくぶついんなんぶいんく - アジアげいじゅつぶんかはくぶつかん)は、台湾嘉義県太保市にある博物館である。故宮博物院の新しい博物館で、2015年12月28日開業。

地球上の第十ヶ所目の北回帰線標示

   2004年6月21日で北半球の夏至で台湾嘉義博愛路と世賢路の交差点付近にそびえ立つ六基の北回帰線の歴年標誌が、正式に使用開始されました。この地は地球上において第十カ所目の北回歸線標誌が建設された所となりました。 北回帰線を北に超えれば「亜熱帯圏」、南に越えれば「熱帯圏」を示すこの標誌は、世界的に大変重要な地標です。 嘉義市の北回帰線標示は、嘉義市の西南交通の要路にあり,小さいながらも精巧で交通、観光、歴史、文化、天文科学教育の方面で、大変意義のあるものです。 現在この交差点の北側の中央分離帯に建てられた「圖文碑記」には、北回帰線標示についての要約が大理石に刻まれています。北回帰線は南北500m-600mの範囲で断続的にずれており、記念碑の図は、18世紀末、北回帰線がこの交差点上を悠々と漂っては移動していたことを物語っています。

 

蘭潭風景区

   嘉義は北緯23度29分、東経120度27分で、横断鉄道及び横断道路が平行にその西部を通過しています。北回帰線はその南部に3.3キロメートル離れたところを通過しているため、台湾は世界にとって大切な座標となるのです。嘉南平原で東へ向いて眺めると、山々が並べている中に、阿里山、玉山山脈が雄大に聳え 立っている姿は、まるで母親が幼い子供を抱きしめるよう、古諸羅城を取り囲むように見えます。 嘉義市に主な河川はそれぞれその南北を流れている八掌渓及び子渓があり、地質は粘土成分が多くて保水性が悪いため、地下水に乏しい現状です。民生及び潅漑用水のニーズを満たすことができるという用水の問題を解決策として、八掌渓流域で蘭潭、仁義潭ダムを建築するのがあります。 蘭潭は嘉義市東側の山仔頂の近くにあり、市内に三キロメートル離れています。古称は「紅毛埤」で、三百年前オランダ人の作ったのだと伝わってきたので、「蘭潭」と呼ばれています。オランダ人は台湾を占領していた時、八掌渓の水をここに導いて、堰堤を築設 しマウンドを作ることで、王田のあたりを潅漑していました。オランダ東インド会社は王田を直営していて、明朝の鄭成功時期まで存在していましたが、清朝に入ってだんだん使われなくなり、地名だけは残っています。日本殖民統治時期、企画エンジニア八田与一は担当してきたアジア地域の水利工程で規模が一番大きいのは「水の長城」─嘉南大学というのでした。水道水プラントの貯水池として蘭潭という堰堤を築設し、さらにダムを建設したのは、今でも嘉義地区の水道水の主な提供元です。 嘉義荒野保護協会は蘭潭の後ろ山、樹木園、陶花源、圓籃仔冷泉区でウォッチングチームがスタンドバイしていて、数年間数多くの生態を好んだ民衆をリードして素敵で多様的な面貌を持つ大自然を尋ねるようにしています。 深い観察や体験により、大自然を楽しめるのはただの理念に過ぎないではなく、生活パターンの一つにしたいと、皆さんに数多くの鳥類、昆虫、植物、木々と友達になれて、学習しながら生態の美を理解できることによって、生物の多様的な生き方を悟って頂きたいと荒野の人は期待しています。 三信亭の隣に、蘭潭の中でカラ─噴泉を設置しています。噴泉の高さは50メートルまで達することができ、蘭潭 に動的な美を増しています。

檜意森活村

   日本統治時代、阿里山は、宜蘭県の太平山、台中市の八仙山と並んで台湾3大林場の1つでもありました。特に上質のヒノキが生い茂る「阿里山」は重宝がられ、それらは当時大量に伐採されて、日本へ運ばれたのです。 樹齢1000年を超える台湾ヒノキ(紅檜)は、阿里山の標高1800m以上に多く自生しています。この自生林は、1900年日本人に発見され、1904年から林学博士の河合琴山が調査を開始。その価値の高さが認められ、運搬面が発達し始めると、ヒノキたちはどんどん日本へ運ばれていき、靖国神社の神門や橿原神宮の神門と外拝殿、東大寺大仏殿の垂木など、日本国内の多くの神社仏閣に阿里山のヒノキが使用されたのです。ナビは九州で熊本城に遊びに行った時、柱に台湾ヒノキの表示を見たことがあります。

射日塔

   台湾唯一の景観、太陽を追い続ける射日塔 「射日塔」は今や嘉義市を最も代表する新ランドマークです。嘉義公園にあり、上を見上げると巨大な美しい洋紫荊(バウヒニア・ブラケアナ)が目にとまります。青い空に映し出されるその花は嘉義市の市花であり、射日塔が照らす光で花を咲かせる光景は、まさに嘉義市の美しさを物語っています。 嘉義市の市花が敷きつめられた円形の建物は、忠烈祠の跡地で、高さ62mの射日塔の10階と最上階の11階には、嘉義の全景を360度展望でき、山の美しさに目を奪われることでしょう。 エントランスには台湾の守護神を表す雲豹(ウンピョウ)のブロンズ像が置かれています。タワー1階にある「忠烈祠」には白い大理石で作られた、烈士の位牌が眠っており、人々が参拝に訪れる場所となっています。二階から上は射日塔となっており、旧忠烈祠に対する人々の従来のイメージを変えるため,建築の内外には多くの文化・芸術が取り入れられています。 .外部の造型説明 外部の造型は阿里山神木をモチーフにしており、その褐色のアルミニウムの模様は神木の外皮を思い浮かべます。その塔の中心に40mの空間があり,まるで神木が引き裂かれたかのようです。最上階にはカフェと展望タワーがあり、グルメや街並みの美しさを楽しむことができます。 .内部の造型説明 内部には原住民の「射日神話」のブロンズ像が置かれています。その彫刻は高さ24m、幅3m、厚さ6mmの大きさとなっています。その美しい神話は代々受け継がれており、人を奮い立たせる社会教育の意義を持つものとなっています。

北門駅

   1912年、阿里山鉄道の全線開通前に落成した北門駅。事務所、切符売場、待合室の3つの部分に分かれている、約25坪の広さのレトロで優雅な造形が美しい台湾紅檜の木造駅舎です。「ループ線鉄道」、「スイッチバック」、「最大勾配62.5‰」などの特色で、世界的にも有名な阿里山森林鉄道。その阿里山森林鉄道の起点駅で、かつては貨物集散地でもあった北門駅付近は、林業開発が盛んだった日本統治時代、林業事務庁舎、貯木池、製材所、列車修理工場、営林倶楽部などが設立されました。阿里山の木材伐採の集散センターとしても重要な拠点で、生活物資もすべてここから山間部に運ばれていました。木場や木材伐採所および製材工場が至る所にあった駅附近は、業者の出入りも増え、旅館、レストラン、劇場などの産業も生まれました。人口も急速に増え、流通業も活発化し、当時の各業界は成長期を迎えました。 北門驛(北門駅)は、素朴な外観と施設に文化資産価値がおかれ、現在は嘉義市政府により市指定古跡と認定されています。かつて台湾拓殖株式会社が経営していた阿里山鉄道は、国民党時代に林務局の所属となります。阿里山鉄道は、標高30mの北門駅から2216mの阿里山車站までの間に、17ヶ所の駅があり、2013年3月現在、嘉義~北門~竹崎間は、午前と午後に1本ずつ往復列車が走ります(画像のヒノキ造り列車はイベント時のみ運行)。竹崎~奮起湖間は2013年6月開通予定。

ネット予約 TOP

ニュース